スポンサーサイト

2015.04.14 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    コモディティー化が進むスマホ市場

    2015.04.14 Tuesday

    0
      世界のスマホ市場では中国の小米や華為技術、インドのマイクロマックスといった新興国のメーカーが台頭。
      上位5社のうち新興国勢が3社を占める。
      今後も新興国が市場拡大をけん引するなか、成長を見込める中・低価格帯向けの対応が欠かせないと判断した。
      スマホのカメラ用部品大手も、需要の大きい中国のスマホ市場を開拓する。
      アルプス電気は15年度内に、カメラの手ぶれ補正用部品を中国のスマホメーカーに供給する。
      アップルが昨年発売した「iPhone6プラス」に採用された高機能部品「光学式手ぶれ補正用アクチュエーター」で、中国メーカーへの供給によって15年度に14年度比3割増の出荷を見込む。
      ミツミ電機も、15年度内に中韓メーカー向けの供給を始める。
      フィリピンのセブ島の製造拠点にラインを新設するなどして、生産量を14年度比2倍程度にまで高める見通し。
      TDKも手ぶれ補正用部品を15年度に増産する。
      中韓メーカーへの供給により生産量は昨年比10%以上高める考えだ。
      手ぶれ補正用アクチュエーターはスマホの自動焦点を実現する重要な部品だ。
      世界市場は15年に14億個と、14年比16%伸びる見通し。
      そのうち高機能型の比率は16%に当たる2億2400万個で、同2.3倍に拡大しそうだ。
      高機能型は高い製造技術が必要で、ほぼ日本メーカーが世界市場を独占している。
      各社は高級機で蓄積した技術力とブランドを生かして、中・低価格機でもシェアを広げる。
      量産効果に伴って価格競争力を高め、コモディティー化が進むスマホ市場のなかでも収益を確保したい考えだ。
      最後にこんな情報をお伝えします。
      『カナガンキャットフード』のような、良好なキャットフードに切り替えると便の量が減ったり、切り替え時に便が1日ほどでないことがあります。
      便秘だと錯覚する人が多いようですが、それだけ未消化物質が少ないことを意味しています。
      また、便の状態は毎日違うのが当たり前です。
      天候によっても、大きく左右されるようです。
      極端に神経質になり過ぎるのも、考えものです。
      カナガンキャットフード
      JUGEMテーマ:猫のご飯・おやつ

      スポンサーサイト

      2015.04.14 Tuesday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする